に投稿 コメントを残す

脱サラ さつまいも農家

僕の友人、間瀬くんがいつの間にか脱サラしてさつまいも農家になっていた。

日本語も中国語もできる優秀な男が、茨城県の子の小さなまちで、なんでこんな生活を選んだのか?

サラリーマン時代のある日、間瀬くんはこんな生き方でいいのか?そう思うようになった。

言われた通りにやっていれば、そこそこに器用に生きられる。

確かに間瀬くんはどちらかといえば優等生で器用な男だった。

でも間瀬くんは35歳の時、自分は本当は何もできない人間なんじゃないか?そう思うようになっていた。

自分の力で生きてみたい。

そう思った。

彼は、衰退する地方をなんとかサポートして人の役に立ちたいと思うようになった。

自分の力で生きて、自分の力を人の役に立てたいと思うようになった。

移住した茨城県常陸大宮市(ひたちおおみや)はさつまいもづくりで知られていた。

元々は農家民泊をやる予定だったけれど、それをするには自分が農業を知らないといけないと思ったのだ。

そこで始めたさつまいもの栽培。

さつまいも農家になって初めて農業を知り、それをどう町、地域の活性化につなげて行くか?

間瀬くんはようやくスタートラインに立った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

他の記事を読む